昨日のセルモン戦

隆行が今まで見せたことのないおしゃれな左足アウトサイドのすらし。ヤナギのようだった。得点が決まったときにチームメートの誰かに向かって「見た、見た」といっていたから自分自身でも相当会心のワンタッチキラー。前線に出て行ったヤットも勿論素晴らしく、落ち着いてキーパーをかわしてシュート。ボランチ二人が出色の出来。どんどん前線に飛び出していく。俊輔も球出しだけでなく、前線に出て行くプレーをして欲しいですが。足元、足元だけじゃイナ、伸二、ヒデが帰ってきたときにまたお荷物になる。
セルモンはスロバキアと違ってほぼ全員の技術が高い。ヒール、切り替えし、又抜き。技術見本市のようなオンパレード。ミロチェビッチのようなでかくてフィジカル前面でつっこんでくる奴もいるし。チームの連動性はそんなにないが、やはり技術のある相手は見ていて楽しい。お互い攻めあって非常に好試合。俊輔も結構フリーでボールを持たしてもらっていた。アジアカップやW杯予選ではあんなに自由にボールを持たせてもらえない。